iPad iPhone Wire アプリ iPhone最適化サイト Twitterで新着記事 RSSを取得

アプリ・サービス使用レポート

"モノで繋がる"ってどういうこと? 新感覚SNS『Sumally』を使ってみた

出口陽介 2011/12/19

TwitterやFacebookなど、さまざまなソーシャルネットワーキングサービス(SNS)があふれる今日だが、Sumally.incから一風変わったSNS『Sumally』が公開され、話題に上っている。自分の欲しい"モノ"や所有している"モノ"を媒体にコミュニケーションネットワークを広げることができるという。一体どういうことなのか、実際に使ってみた。

欲しい"モノ"と持っている"モノ"で人と繋がる

ホーム画面。TwitterかFacebookのアカウントでログインする必要がある

『Sumally』の機能を一言で言えば、カテゴリー別に"モノ"を検索し、「これが欲しい」「これは持っている」ということを通して自分と趣味の合う人を探し、コミュニケーションを取ったりネットワークを作ったりすることができるSNSだ。

例えば、カテゴリーで"腕時計"をチェックして検索すれば腕時計の一覧が画像表示され、タップすればその時計を欲しい人(want it)と持っている人(have it)の人数とアカウントが表示される。"want it"か"have it"をタップすれば自分のアカウントにその"モノ"が登録され、"My Sumally"で確認することが可能だ。カテゴリーは全部で31あり、性別や子供向けなどのざっくりとした検索もできる。なお、『Sumally』に参加するためにはTwitterかFacebookのアカウントが必要だ。

カテゴリーの一覧

カテゴリー"腕時計"の検索結果

かっこいい時計。これに"want it"している人(これが欲しい人)が38人いる

"want it"をタップすると自動的に登録できる

カテゴリーは複数選択して検索することも可能だ。「Women」「Men」などのざっくりとした検索もできる

カテゴリー「かばん」「Men」の検索結果

カテゴリー「インテリア」の検索結果

豊富な機能とコンテンツ

「My Sumally」では登録した"モノ"やフォロアーなどの情報が表示される

『Sumally』にはその他にもさまざまな機能が搭載されており、より有機的なコミュニケーションネットワークを築くことができる。「Feed」画面では自分がフォローしているユーザーの欲しいアイテムや持っているアイテムを簡単に確認でき、「Recommended」画面では自分の登録しているアイテムに合わせて、自動でおすすめのアイテムを紹介してくれる。また、「Activity」画面では、自分の登録したアイテムが他人に"want it"または"have it"された際に通知してくれる。

サービス名の"Sumally"は、「sum(合計)」と「all(全て)」という英単語を組み合わせた造語であり、「この世界に存在するすべてのモノの"百科事典"を作ること」を目標にしたコンテンツだとのこと。インターネット上で仲間とウィンドウショッピングができるような、新しい感覚のサービスだ。

記事中のアプリ&編集部おすすめアプリをダウンロード!

編集部からのオススメ記事

この記事を読んだ方にオススメのタグ・リンク

iPad*iPhoneで話題のアクセサリ

新着記事一覧

特別企画

ある編集部員の独白